2010年01月19日

「年収制限撤廃と数次ビザ」中国人外国客誘致でビザ緩和策(産経新聞)

 政府が検討している中国人への個人観光査証(ビザ)の発給条件緩和で、渡航者の年収制限緩和と、1回取得すれば複数回の訪日が可能な数次ビザの新規発給が検討されていることが12日分かった。政府は将来的に訪日外国人旅行者の3千万人誘致を目標に掲げており、経済成長が著しい中国をターゲットにして外客誘致を目指す。

 政府は昨年7月から、中国人については従来の団体観光に加えて個人観光へのビザ発給も解禁。だがその後、11月末までで団体には約17万9千人のビザを発給したが、個人は約6千人にとどまっていた。

 個人ビザでは「総合的に判断する」(外務省)として明文規定はない。ただ不法残留防止などのため、外務省内規で、渡航者の年収や就業状況など細かく定めている。焦点は25万元(約300万円)以上の年収制限だ。中国ではかなりの富裕層となるため、「中国に抑制的な印象を与える」(本保芳明前観光庁長官)と、制限の撤廃も含めた引き下げを検討する。

 現在は1回の来日観光ごとに取得が必要なビザも、1年間有効となる数次ビザ発給も検討する。

【関連記事】
架空会社使い、中国人のビザを不正取得 容疑で行政書士ら逮捕
アリの一穴防げるか 米政府が対テロ改善策
米国、テロ未遂後の見直しで複数のビザ取り消し
パスポート22冊盗難 都内のビザ発行事務所
中国人のみなさんUSJに観光にどうぞ! 来月、上海に事務所開設

<脱税低額宿泊所>入所者、月1〜4万円で調理・事務担当(毎日新聞)
車いすの65歳男性、踏切で電車にはねられ死亡 大阪・阪和線(産経新聞)
NHKのエスカレーターで転倒、中学生8人軽傷(読売新聞)
飲酒運転隠し?事故処理中、警官の前でビール飲む(読売新聞)
「やましいカネ」隠蔽か 「陸山会」資金移動24億円 (産経新聞)
posted by キシノ マサユキ at 01:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。