2010年02月13日

最年少の女流プロ棋士、藤沢名誉棋聖の11歳孫(読売新聞)

 6日に行われた日本棋院の女流特別入段枠の最終戦で、藤沢里菜(りな)さん(11)が1位となり、4月から史上最年少の女流プロ棋士となることが決まった。

 里菜さんは藤沢一就(かずなり)八段の長女で、囲碁界に大きな足跡を残し昨年5月に亡くなった藤沢秀行名誉棋聖の孫にあたる。

 里菜さんは、11歳6か月。これまでの一般入段枠での最年少は趙治勲二十五世本因坊の11歳9か月で、女流枠では謝依旻(シェイイミン)女流三冠の14歳4か月。

<救急隊誤判断>「死亡」と引き揚げ…男性、警察で目開ける(毎日新聞)
婚姻届のため秋田に帰省、カップル事故死(読売新聞)
大雪 北陸、関西に最強クラスの寒気…京都・金閣寺雪化粧(毎日新聞)
神奈川県警、「預け金」など不正経理13億円(読売新聞)
ビル放火サンタは「トラブルあった」会社員(読売新聞)
posted by キシノ マサユキ at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。